06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

青春18きっぷの旅2012 その2

2012/09/19
青春18きっぷの旅 2日目です。
この日は朝6時に某イベントで知り合ったついった&同人仲間の更紗さんと
敦賀駅で待ち合わせをして、まずは小浜線終点まで乗りつぶし。
ここで、私が弁当をホテルに忘れてくるというハプニングがありましたが、
弁当を取りにもどり何とか小浜線の始発列車に間に合いました。

CA3I0690.jpg
小浜線のメイン車両125系。座席はクロスシート。乗り心地は悪くない。

小浜線は敦賀を過ぎると田園地帯を通り、やがて若狭湾の見えるポイントを通ります。
天気が良ければ若狭富士と呼ばれる、青葉山が見えます。ちょっと尖がった感じの可愛い山です。
勢浜-若狭本郷あたりがビューポイント。この日はちょっと天気が不安定でしたが、
青葉山を拝むことができました。やった!!

道中、2人とも朝ごはんを食べていないとのことで、前日福井駅で買った

CA3I0689.jpg

コレ

朝ごはんに食べました。

「脂がのっててうめえ!!!!」


と2人で声をそろえて思わず口走ってました(笑)
これは買いですよ。つか、買ってよかった!!

この越前田村屋の焼き鯖寿司、空港の空弁としても人気だそうです。
後日(帰宅の日)に東京駅で駅弁フェアをやっていて、同じメーカーがつくっている
「焼き鯖寿司 味噌味」を見かけ、買って食べてみましたが、こちらは味噌を使っている分
こってりした感じ&味が濃い目なので、ビールや日本酒に合いそうです。

CA3I0691.jpg

そんなこんなで列車は終点の東舞鶴駅に到着。
ここはもう京都府です。京都でもこっちの方は初めて。

駅の周りをぶらぶらし、この後メインの予定が入っているので、
乗ってきた小浜線の列車で折り返し敦賀へ。
途中すさまじい勢いの雨が降ってきて、小浜線の列車が少し遅れましたが、敦賀へ到着。


そしてメインの「高速増殖炉もんじゅ見学」です。


こちらの方は8月から予め原子力機構敦賀本部の担当者とお話ししていて、
この日に見学の予約を取っていました。

まず、もんじゅに向かう前に、更紗さんの車でコンビニによって軽くごはん。
私は北陸エリアにしかないおにぎりとろろ昆布(黒)を選択。これ黒とろろ昆布といって、
昆布の表面部分を削りだしたとろろ昆布を使っています。独特の風味と歯触りがあり、
関東では見かけないものです。一般的に「とろろ昆布」として知られているものは昆布の芯に
近い部分を削りだした「白とろろ昆布」と言われるものです。黒とろろ昆布、個人的には好きです(^ω^)
とろろ昆布おにぎりの発祥地は富山だそうですが、敦賀は昆布加工で有名だそうです。
ちなみに福井では白とろろ昆布が主流とか。

軽いお昼を食べ、車で一路もんじゅへ。まだ見学時間まで時間があったので、途中の海水浴場へ。
そこからは関西電力管轄の原子力発電所・美浜原発が。…ということで、写真撮れそうな
岩場などもあったのでここで撮影タイム。いろいろ撮影してみました。

0016.jpg
楽しい海水浴 1 
後ろの建物は美浜原発。

0017.jpg
楽しい海水浴 2
後ろの建物は(以下略

0018.jpg
海神様か何かを祭っている鳥居と岩場と後ろにほんのり美浜原発。

0019.jpg
横の構図で。やはり後ろにほんのり美浜原発。

ひとしきり写真を撮った後、車を走らせ、もんじゅへ。途中ちょっとした山や
トンネルを超え、たどり着いた先は…海が見える崖のような場所。そこにもんじゅはありました。

研修センターで受け付けを済ませ、3Dのムービースライドを見る。
この日は一般の見学は私たちだけの貸切状態でしたが、石原慎太郎東京都知事が視察に来ていたようで、
地元福井新聞のプレスが来ていました。石原都知事には会えませんでしたが。
ムービーを見た後は、別のガイド担当の方がもんじゅの模型を使い、もんじゅの炉の仕組みや
高速増殖炉とはどのようなものかを案内してくれました。

ざっくりとになりますが、もんじゅはウラン鉱石に多く含まれている燃えないウラン(ウラン238)に
高速の中性子を当ててプルトニウムに変え(プルトニウムは燃える)、
その時の核分裂で効率的にエネルギーを作り出す炉です。

核燃料資源のリサイクルを目的に作られたのが高速増殖炉です。
普通の原子力発電所の原子炉との違いは炉の冷却材に金属ナトリウムを使うのと、
核分裂の時に高速の中性子をぶつけることだそうです。

このあたりの詳しい説明は以下のリンクを参照で。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%A2%97%E6%AE%96%E7%82%89
http://www.geocities.jp/tobosaku/kouza/fbr1.html

そのあと、金属ナトリウムがどんなものか、簡単な実験をし(金属ナトリウムを中華包丁でぶった切る&溶けた状態を観察する&金属ナトリウムの燃焼実験を見る)
いよいよもんじゅの敷地内へ。

門では厳重な警戒態勢が引かれていて、ここで写真つき身分証を提示し、構内の展望台へ。
残念ながらセキュリティの関係とお約束のため、もんじゅ構内での撮影は一切NG。
写真はありませんが、展望台のすぐ後ろは山と緑があり、前方から右側にもんじゅの建物、
さらに前方には若狭湾…という風景を見ることができました。

もともと、もんじゅが建てられる前はこの場所は棚田だったそうです。
もんじゅのすぐ後ろの山は福井県の自然公園に入っていて、クマなどの動物も出るのだとか。

こうしてもんじゅの見学を終えたのですが、
「せっかく来たんだから、もんじゅの建物遠景で撮ろうぜ!!」
要は「もんじゅの建物の構外で遠景なら撮影できるだろう」と、
車で崖の下のもんじゅにいちばん近い集落を目指し、近くの港から撮影できるところがあったので、
そこからズームで撮影。小浜線に乗っていた時は急な雨が降りましたが、
もんじゅの見学終了後、急に晴れて日差しが出てきました。撮影には最高でしたが、とにかく暑かった…です。

0023.jpg
高速増殖炉もんじゅ。

0021.jpg
高速増殖炉もんじゅの建物と船(左)。

0020.jpg
もんじゅと空。海も空も青くて素敵でした。

0022.jpg
楽しい魚釣り。背景に有るのはもんじゅ。

写真を撮った後は、敦賀港の旧駅舎や鉄道展をやっている建物を見る。
小腹が減ったので、ヨーロッパ軒敦賀駅前店でソースカツ丼定食(ミニ)をいただく。

CA3I0693.jpg
ミニですが、ご飯結構入ってます。米が重いww
カツは衣サクサク、味はちょっとスパイシーなソースがご飯に絡んで美味しい!!

腹ごなしに敦賀の商店街を歩いていると、こんなものが。

CA3I0694.jpg

CA3I0696.jpg

CA3I0697.jpg

CA3I0698.jpg

松本零士作品の「銀河鉄道999」と「宇宙戦艦ヤマト」のワンシーンがモニュメントになっていて、
敦賀駅の商店街に配置されています。

松本零士氏は敦賀出身ではないですが、敦賀の持つ「古くからの鉄道と港の町」のイメージと
氏の作品の「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」の作品イメージが合致し、1999年に行われた
敦賀港開港百周年記念事業の一環として、敦賀市が整備したものなのだそうです。

詳しくは以下、リンク参照。
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/oshiete/list/CK2012010802000127.html

モニュメントを見つつ、商店街の中心にある気比神社へ。
すごく立派な鳥居と建物の神社で、古くからこの地にある神社だそうです。私たちが神社に行った時、
お祭りがあったようで縁日の屋台があったんですが、まだこのときは営業している屋台が少なくて
あまり回れませんでした。商店街の駄菓子屋に入って駄菓子を買ったり、神社の入口で
夕焼けに染まる敦賀の町を撮影していました。

S0450277.jpg

S0400268.jpg

S0420272.jpg

S0430273.jpg

S0440274.jpg

このあと、小浜線沿線にある温泉施設みかた温泉「きららの湯」へ。
温泉とサウナ気持ち良かったです。風呂上り、帰る時にコンビニへ立ち寄り

CA3I0699.jpg

ゲットしましたwwコーンポタージュ味wwww

味は…甘めのコーンポタージュスープです。確かにこれまでのガリガリ君、
いや、アイスには無かった味です。コーンもよくかむと口の中に香りが広がります。
これはこれでありのような気がしました(笑)

そのあと、敦賀の屋台ラーメンを食べようとしたんですが、お目当てのお店が出ていない…
とのことで、ファミレスで軽く食べて駄弁ってから解散しました。

更紗さんありがとうございました!!!!
今度関東で会う時は湯島の甘味処行きましょう!!

そして、次の日は本格的な小浜線の撮影…なんですが、天気予報が
「福井は変わりやすい天気でところによりにわか雨がふるでしょう」との予報。
大丈夫か…?(汗笑)
14:19 今日/最近の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。