10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

振り返りレポ 2-113系さよならツアー(外房線コース)-

2011/10/04
遡ること1か月ほど前。
千葉の113系が8月で定期運用を終えるという知らせを聞き、
急遽113系のヘッドマークを撮りに行ったある日、鉄道方面の友人から「JR東日本千葉支社で
113系さよならツアー「THE!! FINAL!! 113」をやるよ」と聞き、
ツアー申し込み開始日に早速申し込みました。

ツアーのコースを見た瞬間、ビビッと「自分の田舎、御宿を走る外房線コースしかない!!」
と思い、インターネットで申し込みましたが・・・

その後、某掲示板にて

>>113系のさよならツアー、インターネットだとどうやって申し込むの?
>>pdfファイルから専用フォームへリンクされてるから、そこから申し込む。

このやり取りを見て愕然としました。


pdfからリンクされている

専用フォームの存在を知らず、

インターネット申し込み窓口から

普 通 に 申し込んでしまったのです。



「ああー、初歩的なミスをやっちまった・・・」と思い、がっくりとうな垂れました。
自分の中で「113系のツアーはもう駄目だ」と、諦めていました。

数日後の夕方、千葉支社のびゅうからメールが。
何かと思えばツアーの件に関してです。
内容は

「申し込みの結果、ツアーの予約が取れました」


という内容でした。

「どう見ても専用フォームから予約していないし冗談だろ?」と半分思いつつ、
本当に予約が取れているかどうかも疑問だったので、電話で問い合わせようとしましたが、
その日はもう電話問い合わせの時間が過ぎてしまっていたので、次の日の朝に電話。
確認してみたら「○○(私の苗字)様、2名で外房線ツアーをお取りしています」とのこと。

なんと、外房線ツアー取れました(笑)
その旨を一緒に行く友人Aさんに告げたところ、

Aさん「ごめんね、急遽大阪に行くことになって、ツアー行けなくなっちゃった。」
私「なぬ!!??」


…と一緒にツアーに行くはずだったAさんが大阪へ行くことになり、欠員が。
友人知人と、ツイッターでお声をかけさせていただきましたが、
以前から千葉方面に何回も撮影でご一緒している鉄道好き(撮り鉄)のOさんと行くことになりました。

そして、当日。

Oさんと両国駅で待ち合わせをして、受付。お弁当と記念品を受け取り、私は113系記念グッズを買いに列へ。

113_015.jpg

113_013.jpg
私たちが乗る列車は両国駅3番線ホームから発車なんですが、
ホームに続く階段からホームまでレッドカーペットが敷かれていました。
そして、ホームに向かう通路には113系の雄姿を写した写真と、
千葉を走った/走っている列車の写真が展示されていました。

Oさんに荷物を見てもらっているうちに、めぼしい113系グッズを購入。
戻ってしばらくするといよいよ113系の列車が入線。ホームでいろんな人がハッスルしていました。
乗車して海の見える進行方向左側のクロスシートをゲット。

その後、先頭車両へ行ってみると運転士さんが先頭車両の幕をまわしていました。
これは良いサービス!!
発車の時間になり、いよいよ両国発車。

IMG_1026.jpg
両国駅にて。幕回しなう。
ヘッドマークには「白い粉」…もとい、「白い砂」

113_001.jpg
車内の中刷りはすべて113系と千葉を走る列車の写真になっていました。
よく見ると過去に千葉支社で催されたキャンペーンポスターの裏紙だったり。

113_002.jpg
記念品についていたメッセージカードらしきもの。
何気にこれ擬人化・・・ですよね?w

113_003.jpg
車内販売のカートについていたお手製イラスト。
車内販売のおねーさんに聞いてみると、おねーさんが描いたものではなく、
お客さんが描いた物をつけたのだとか。なかなか良い味出しています。

途中運転停車や時間調整の停車で停まりつつも、安房鴨川駅到着。

113_004.jpg
駅員さんが手を振ってくれました。私もいっぱい手を振りました。
こういうふれあい、いいですよね。
東京側の駅は鉄道ファンが殺伐と写真を撮っていた感じでしたが、
都内でも橋梁などの区間撮影地や南房総の方では皆さん手を振ってくださいました。

そうしているうちに、列車は安房鴨川を発車し、一番海が近く見える太海-江見にある
山生橋梁近くで海を見ながら弁当をいただく。綺麗な景色をおかずにいただく弁当は絶品です。
三脚立ててカメラを構えていた鉄道ファンがたくさんいたのには驚きましたがw

113_016.jpg
ツアーのお弁当。

113_017.jpg
オープン。かなり豪華な感じ。気合入っています。

列車はいよいよ和田浦へ。ここで休憩兼ねて30分ほど停車。
写真撮影をしている方々が多く、お弁当を食べてから、私も外へ出てみる。
遠くに見える海が青くてすごく綺麗でした。

113_005.jpg
和田浦駅のホームにかかる橋より。遠くに海が見えます。風も心地良い。

IMG_1034.jpg
和田浦駅停車中に後ろの方の車両を見に行ったらこんなものが!!ww
113系への愛をすごく・・・感じます。

和田浦で休憩停車した後、ついに列車は終点館山へ。

113_006.jpg
館山到着~!!

IMG_1053.jpg
209系と並ぶ。

IMG_1055.jpg
もうすぐ千葉からいなくなるといわれている211系もやってきた。

我々が乗ってきた113系は一度車庫に回送するということで、いったん全員下車&回送。
しばらくすると「青い海」のヘッドマークを掲げた内房線ツアーの車両が館山駅に入線。

写真撮影は大人数で込み合っていましたが、皆さん譲り合いで撮っていたので、
思っていたよりずっとスムーズに撮影できました。

館山駅で1時間ほど停車するので、駅の外へ出たりぶらぶら。発車30分前くらいになって改札を通ろうとすると、

IMG_1066.jpg
こんな電光表示が!!
もう後にも先にも見れない表示だと思ったので、すかさずパチリ。

113_007.jpg
館山駅で見つけた表示。思えば遠くまで来たもんだ。

113_008.jpg
館山駅にあったツアー歓迎用のポスター。

電光表示をカメラに収めた後、ホームに下りてみると、内房線の「青い海」の横に外房線の「白い砂」が入線。
そして・・・並んだ!!

IMG_1067.jpg
「白い砂」「青い海」並ぶの図。

鉄道ファンは私も含め大喜び!!この並びを「待っていました!!」とばかりにガンガン撮影しました。
千葉支社のサービスには頭が上がりません。

撮影を終えると、列車の発車の時刻が近づき、いよいよ復路が始まります。
館山から両国に向けて出発進行!!

続きます。
館山を出発したのは内房線「青い海号」よりも早い時間帯。

再び素晴らしい海の見えるポイントを通過し、両国へ向かいます。
車窓から海を眺めたり、沿線の撮影者、地元の方、駅員さんに手を振りつつ、
Oさんとおしゃべりしつつ、まったりと過ごしていました。

勝浦を過ぎると、すっかり海も視界から遠くなり、休憩停車で大原へ停車。

113_009.jpg

IMG_1072.jpg
大原~!!

大原ではこの日、はだか祭りというお祭りをやっていて、縁日の屋台が出ていました。
小腹も空いていたので、Oさんと改札を出て、飲み物と屋台の食べ物を買って戻りました。

大原でも幕回しをやってくれました。
サービスサービス♪

IMG_1083.jpg
また見つけてしまった・・・wすごい!!ww

113_018.jpg
CAUTION!! CAUTION!! 車内がたこ焼きと唐揚げ臭いでござる!!

IMG_1084.jpg
大原で特急わかしおと並んだので、パチリ。

大原を出て、細かい調整停車をしつつ、千葉へ到着。
何気についったを見てみたら、どうやら鉄道方面の知り合いが
復路の撮影/お見送りで両国にいるらしく、もう内房線は両国に到着したとのこと。それを知り、驚く。

そして、ついに私の乗る外房線の列車も両国到着。
Oさんと別れた後、最後のお見送りを…と思い、ホームの端へ行こうと思ったのですが、
人が多すぎて、ホーム端の少し前あたり(添乗員と駅員さんが誘導している近く)で待機していました。

113_010.jpg
最後の両国駅はこんな状態。本当はもっと後にも左側にも人がいるんですが、
カメラフレームの都合で、切れてしまっています。

そして、いよいよ113系が去っていきます。
さよならツアーというイベント、小さい頃から田舎の御宿へ行くのに113系のお世話になってきた
私にとっては、いろいろな思い出の詰まった車両ですので、何かがこみ上げてくるものがあり、
気づいたら自然と頬に伝うものがありました。

113系の姿が見えなくなり、人もぽつぽつ引き上げ始めたころ、
私もわれに帰り、両国駅3番線ホームを後にしました。

113_011.jpg
両国駅3番線ホームにあったもの。

113_012.jpg
両国駅3番線ホームにあったもの 2。

今回のツアーで、実は初めてJRのびゅうの旅行ツアーを利用したのですが、すごく良かったです。
素敵なツアーを主催していただいたJR東日本千葉支社さんに感謝!!感謝!!
びゅうのツアーは一般のお客さんだけじゃなくて、時々「どう見てもマニア向けだろ!!ww」と
突っ込みたくなるツアーまで幅広いので、使ってみたいと思いました。

113系はいなくなっても、千葉の素敵な風景は変わりません。
また季節の変わり目に房総を訪れて、風景と列車を撮影し、列車旅を堪能したいと思いました。

113_014.jpg
今回のツアーでゲットした記念品と、購入したグッズ。


次回はリゾートあわトレイン乗って、
ゆるキャラしばきたい堪能したいぜ!!!!!
ヒャッハーーーーー!!!!!!


・・・といったところで、113系さよならツアーのレポートはおしまいです。
乱筆乱文、日本語自体がおかしいところ多々あると思いますが、
ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました!!!!
17:31 今日/最近の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。