08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

新潟~東北へ遠征してきました 2

2010/08/31
続きです。

白新線を撮影して、かろうじて上り電車を捕まえることが出来、新潟に戻れたのはいいけれど、肝心のきらきらうえつが到着するホームに行ってもきらきらうえつの姿が見えません。「おかしいな?」と思ったときに駅の構内放送が。

放送「きらきらうえつは山形県内大雨の影響により、運休です。

ご利用のお客様には大変申し訳ございません。」


工工エエエエエ(゚Д゚)エエエエエ工工!!!!!!


と耳を疑いましたが、駅ホームの電光掲示板を見ると、そこには「きらきらうえつ 運休」の文字が。はあああorzorzorz 仕方ないので、緑の窓口に行き、きらきらうえつの指定席券を払い戻しして、羽越本線の運行状況を聞いてみる。(この時点できらきらうえつと普通列車1本が運休している状態)

係員の人曰く「羽越線はあつみ温泉と五十川(いらがわ)の間で線路点検を行っていて、まだ復旧の見通しが立っていない」とのこと。引き続き列車のダイヤ状況を聞いてみると「次に発車する10:57新潟発の特急いなほ3号を先に動かします」とのこと。ただ、「特急指定席はすべて完売しています」とのことでした。

きらきらうえつに乗れないのと、その後の普通列車が遅れる&運休になって、この日の目的地の大鰐温泉(青森)へ行けなくなるのはやはりきついので、泣く泣く新潟-酒田で特急いなほを使いました。
(乗車券を改めて買うのは痛いよママンw)

特急いなほ、指定席はすべて完売してしまったので、問答無用で自由席なんですが、よくよく考えたら新潟始発の列車なので、ちょっと早めに乗車口で待っていれば自由席でも着席できるんですよね(笑)…ということで、余裕で着席しました(笑) 窓際の景色がよさげなところに席を取って、ホームで駅弁を売っていたので、購入。ついでに飲み物も購入して、いよいよ新潟発車!!

moblog_183daa27.jpg
新潟駅で買った「まさかいくらなんでも寿司」弁当。ネーミングにそこはかとなくおやじギャグの香りが漂っていて素敵なお弁当(笑)

moblog_7a4726cd.jpg
中身はこんな感じ。鱒(ま)と鮭(さ)と蟹(か)といくら(いくら)を使ったゴージャスな感じのお弁当。酢飯が利いててさっぱり系の味です。個人的にはご飯と具のボリュームもう少し増やしても良い…かな。笹川流れのあたりで景色をおかずに食べました。最高♪

moblog_9b649e4d.jpg
海には大小色々な形をした岩が見える素敵なところ。越後早川~今川あたり?

発車してから朝撮影した白新線の沿線を通り、羽越本線へ。しばらくしたら睡魔が襲ってきたので、そのまま爆睡。気づいたら村上でした。村上駅を過ぎると突如、停電が!!「もしかして昔常磐線であった『アレ』かな?」とは何となく感じていました。

後で調べてみると、羽越本線の村上-間島は常磐線の取手-藤代と同じで、電流の直流と交流が切り替わるところ(デッドセクション)だそうです。(ちなみに昔の常磐線は取手-藤代のデッドセクション通過の時に電気が一時的に停電になっていました。)

でも、鶴岡と酒田に着く少し前にも停電状態になったのはただ電車の調子が悪かっただけなのか…な…?(笑)

そんなこんなしているうちに、特急の終着駅、酒田(山形県)に到着。
特急いなほ3号はあつみ温泉-五十川で速度制限があったり、ちょっと停電起こしたりしましたが、酒田まで走ってくれました。山形方面を流れる川の水は泥水が勢いよく流れていて、豪雨があったという痕跡を残していました。
そして酒田から下り吹浦(ふくら)行きに乗り換え。

乗り換えの合間に酒田駅で撮影しました。

0825_007.jpg
羽越本線のキハ40形。国鉄首都圏色(愛称:たらこ)
今ではあまり見られなくなった色の車両です。

写真は撮れていないんですが、酒田駅のホームの外れに京浜東北線を走っていた209系がいたのにはびっくり。
心持ち、トレードカラーの水色の帯が色あせて見えました。

0825_mo_003.jpg
酒田駅の駅名標には最新のLEDが使われていたりします。
日本海のエリアは何気にLED駅名標の普及率が高いような気がw

吹浦に到着して時間を見ると次の列車まで2時間待ち(汗笑)せっかくなのでネットで調べた撮影地に向かう。
本楯(もとたて)を過ぎると鳥海山のシルエットがはっきり見えてきます。鳥海山をバックに写真を撮ろうとしましたが、生憎鳥海山には雲がかかってしまって、綺麗な山のシルエットは拝めませんでしたorz

ただ、面白い雲が出ていたので、空をメイン背景にして写真を撮っていました。

0825_004.jpg
701系。羽越本線秋田-酒田を走る交流区間専用の車両。

0825_005.jpg
電気機関車EF81が牽引する貨物列車。

0825_006.jpg
撮影地へ行く途中の踏み切り近くで撮影。701系。

列車の時間になり、吹浦駅へ戻り、下りの秋田行き列車に乗り、秋田へ。
秋田で列車の待ち時間が30分ほどあったので、秋田で夕食。
その後、快速の大館行き列車に乗り北上。
大館でさらに青森方面の列車(この日の青森行き最終列車)に乗り、
この日の最終目的地・大鰐温泉へ。

夜遅くの温泉街は店が皆閉まってしまっていて、雰囲気が変わってしまって道が分からず迷子になって彷徨いましたが、何とか宿に到着。宿は温泉民宿で、アットホームな感じの宿です。

源泉かけ流しのお風呂を堪能し、倒れるように眠りにつきました。

2日目はここまで。3日目は弘前近辺で寝台特急撮影っす。

<<1日目・2日目ルート>>
自宅最寄り駅-松戸(新京成線) 松戸-日暮里(常磐線) 日暮里-池袋(山手線)
池袋-新潟(快速ムーンライトえちご) 新潟-佐々木-新潟-酒田(白新線・羽越本線 新潟-酒田で特急いなほ使用)
酒田-吹浦-秋田(羽越本線) 秋田-大館-大鰐温泉(奥羽本線)
00:12 今日/最近の出来事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
お疲れ様です。
いやぁ、いいですねぇ東北・・・
私は東北を通り越して北海道しか行ったことないですが、いずれ秋田あたりをうろちょろしたいと思います。

ムーンライトをお使いになったのですね。
私はどうも、朝起きれないので夜行は使わないようにしています・・・wだからと言って新幹線使える金ないし(´A`;)
No title
>>なにも専務車掌さん

今回はハードな旅でした。
自分はまだ北海道へ行ったことがないので、いずれ行ってみたいなと思っています。

夜行列車はアイマスクと薄い長袖の上着必須だと思います。
あとマスクも。車内は電気煌々とついているなんて思って無かった…これ誤算でしたorz

あとは高速バス使って行く…という手になりますね。

新幹線や特急(JR東日本)の乗車券・特急券はえきねっとの会員になってインターネットで予約すると新幹線は最大30%引き、特急は最大40%引きになります。
私はJR東日本のサービスを使ったんですが、他のJR各社も割引サービスあると思うので、ウェブサイトをチェックしてみるといいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。